2008年4月21日月曜日

だみい大西の暴走(w

個性ってのは、否定されようが踏みにじられようが消えないものの事でね。
間違っても他人に大事にしてもらうものじゃないんだよ。
意地張って我を通して、無理矢理にでも他人に認めさせるものなんだ。


アイマス動画を世に広める=拡声器 ですね、わかります。
主観まみれの妄想発言を垂れ流している私は変わった人 ですね、わかります。
別に皮肉でも卑下でも何でもなく、多数派少数派的な意味で。
やる前からわかってたからこそ、ここのブログタイトルはあんななのです。

日刊でアイマス動画を盛り上げている皆さん、正直大変なご苦労がおありだと思います。
俺には無理。
無理だから自分にあったスタンスでやらせてもらうわけで。
怠け者でサーセンwwww

で、変わり者から見ると不思議な事があるわけです。
拡声器は交流を必要としないわけですよ。
(飛んでから見れ!様より)

まあ、そうなんでしょう。
でも、私の頭の中には厄介な方が住み着いておりまして。
私が何かしようとする度に脳内でのたまうのです。
そうですね、仰るとおりですよ少佐
私の正気とやらは一体どこの誰が保障してくれるんでしょうか。

メディアの常ではあるわけですが、必ず取捨選択は行われます。
その基準をどこまで客観に近づけたとしても最後は主観です。
我々は生身の人間ですから、中立不偏なんてのはありえません。
人間に出来ることと言えば、せめて言論の自由を保障し、さまざまな意見の中から各自が適切と思うものを取捨選択する妨げをなくすことぐらいです。
つまり、誰も正気なんぞを保障してくれやしないのですな。

もちろん自由の裏には義務と責任がついて回るのは言うまでもありません。
むしろ、見る専界隈ではこの義務と責任を強く感じすぎている部分があるのではないかと。

書こうと思ったけど自主規制した経験のある人は手を上げてみようか

見る専に引け目感じるなってったって無理だよな。戦ってないもん
Pは戦ってるよ。ニコニコという共通の土俵に乗って、冷静に順位つけられてる。
本人が気にするか視聴者が気にしてるかは関係ない。ニコニコはそういう場だって事。幾ら時間と手間掛けたってそれが評価されないなんてのは当たり前のようになってる戦場だよ。
数字のことを除いたとしても、相互に切磋琢磨してPたちの組み上げるものはどんどん水準が上がっている。
実際、勝負の勝ち負けの基準はそんな単純なものじゃなくて、P本人それぞれの胸中にあることだけれど、「ニコマスPである」ってことは望んで鉄火場に身を投じることだと言い切って構わないと思う。

我々の戦場はどこにあるんだろうか?
気がつかない振りをしているだけじゃないのか?

広く皆様からのご意見お待ちしております。

2 件のコメント:

zeit さんのコメント...

>俺には無理。

 何が無理なんでしょう?

 無理かどうかなんて関係ないと思いますよ。やりたくないならしなくていいんだから。

 やりたくないならやらなけらばいい。やりたいなら無理でもやって倒れて寝込んだって本望じゃないでしょうか?

 見る専だから戦ってない? もちろん、戦いたくなければ戦わなくていい。しかし、戦場にいないと思ってるんなら、それは違うと思う。戦場はどこにでもあるよ、そこに守りたいものがあるならば。

 別に見る専の代弁をしてるわけじゃなくて、一人の意見として。

Dummy Ohnishi さんのコメント...

ご意見ありがとうございます。
早く高速M@ster(3)が読みたいDummyです。
お忙しいでしょうが是非お願いします。

まあ、やりたいとかやりたくないとかは、各人の内心の問題ですから踏み込むのは野暮なので措いておくとして。

> やりたいなら無理でもやって倒れて寝込んだって本望じゃないでしょうか?

ごめんなさい。
私は全くそう思わないんですよ。
やりたいことを無理にでもやったら、絶対に倒れちゃいけないと思ってるので。

だからですかね。

正直その熱い血潮が羨ましいです。
本気で。